葬儀の計画の立て方

葬儀の費用はいくらかかる?

葬儀の費用はいくらかかる?の写真

葬儀を新宿で行うなら葬儀社グランドセレモニー
https://www.grandsougi.co.jp/index_shinjuku-ku.html

葬儀を松戸でするならグランドセレモニーに相談しましょう。

お葬式の費用はいくらかかるのでしょうか?

葬儀にかかる費用は、大きく分けて「葬儀自体にかかる費用」「お寺に支払う費用」「参列者をもてなす費用」の3つに分けられます。ここで注意したいのは、葬儀社の見積もり=葬儀費用総額ではないということです。葬儀社の見積もりは、葬儀自体の費用のみを指している場合が多く、お寺への費用(供養費や車代など)は含まれていません。そのため、葬儀ディレクターの見積もりでは、葬儀そのものとは別の費用と考えるべきでしょう。では、葬儀前の準備や手続き、葬儀業者の選定について、死亡時から葬儀までの流れに沿って考えてみましょう。

松戸市の葬儀社グランドセレモニーでは、一般葬から家族葬、一日葬、火葬式などの小規模なお葬式、寺院の手配まで、様々なプランをご用意しております。お客様の状況によっては特殊なケースもございますので、まずはお気軽にお電話にてご相談ください。

葬儀自体にかかる費用

ご遺体の搬送、遺体安置所、霊柩車、タクシー、マイクロバス等、式場利用、祭壇、出棺、棺具、骨壷、ピローケース、故人の遺影、受付備品等、生花、籠等、司式、死亡届、火葬場手続き等の人的サービス、火葬費用

寺院に支払う費用

通夜の飲食費、精進料理などの飲食費、お礼状、葬儀の引き出物、香典返し、通夜中の宿泊者の費用

参列者の接待にかかる費用

お寺へのお供え物(読経、戒名)、車代、食事代など。

葬儀にかかる費用は?

葬儀の種類や規模によって費用は異なります。ここでは、葬儀の種類ごとの相場をご紹介します。

一般的な葬儀は、家族や親族だけでなく、近隣に住む人や友人、仕事関係者などが参列するタイプです。葬儀に参列する人数を予測することは難しく、予想される人数と実際に参列する人数との差により、葬儀費用が見積もりから変わってしまう可能性が高いです。

家族葬とは、家族や親しい知人を中心に行うタイプの葬儀で、葬儀費用は60万円~90万円程度です。総費用は一般的な葬儀に比べて安くなりますが、だからといって一般の方からの香典が期待できないというわけではないので注意が必要です。

一日葬とは、お通夜を行わずに葬儀と告別式を1日で行うタイプのお葬式のことです。一日葬の費用は40万円~60万円程度です。このタイプの葬儀は、一般的な一般葬や家族葬で必要とされる通夜の費用が含まれていないのが特徴です。

直葬(火葬)とは、通夜・告別式・告別式を行わずに火葬のみを行うタイプの葬儀です。様々な葬儀の種類がある中で、直葬・火葬は基本的に最も費用がかからない葬儀です。